思い出すと恥ずかしい買い物エピソード

思い出すと恥ずかしい買い物エピソードは、私の場合数え切れないほどあります。

思い出すと恥ずかしい買い物エピソード

思い出すと恥ずかしい買い物エピソードは

★ 55歳 女性
思い出すと恥ずかしい買い物エピソードは、私の場合数え切れないほどあります。
まずよくやってしまうのが、レジでお金だけ払って品物を置いていってしまうことです。
この場合は大抵レジの人が呼び止めてくれて品物をちゃんと持って帰ることが出来るのですが、とても恥ずかしいです。

それと私の場合、服に合わせてバッグを取替えひっかえするので、よく財布を入れ忘れてしまうのです。
会社勤めをしていた頃は朝通勤途中のコンビニでよく昼食を買っていたので、途中で気が付いて財布を取りに戻ったときはいいのですが、レジで精算するときに気づいたことが多々あって、「すいません。財布を忘れてしまったようなので」と商品を返す時は非常に恥ずかしい思いをしました。
しかもいつも立ち寄るコンビニだったので、何か常習犯のようでなおさら面目なかったです。

そしてある時などは、遅刻しそうで慌てていたのか、ニットのワンピースを裏返しに着て同じコンビニに行き、他の女性のお客さんに指摘され、そそくさと買い物を済ませ会社で着替えました。
恥ずかしい限りです。

おすすめ情報

Copyright (C)2017思い出すと恥ずかしい買い物エピソード.All rights reserved.