思い出すと恥ずかしい買い物エピソード

思い出すと恥ずかしい買い物エピソードというと、私が高校生のときに、ちょっと離れたエリアにあるショッピングモールへ友達数人で出かけたときのことを思い出します。

思い出すと恥ずかしい買い物エピソード

思い出すと恥ずかしい買い物エピソードというと

★ 39歳 女性
思い出すと恥ずかしい買い物エピソードというと、私が高校生のときに、ちょっと離れたエリアにあるショッピングモールへ友達数人で出かけたときのことを思い出します。そのときは、久しぶりの遠出でみんなハイテンション。欲しかった洋服や小物などを見つけて、みんなで楽しくショッピングをしていました。

食事もそこでみんなで食べて、あとは帰るだけとなったとき、ふと気が付くと私だけみんなとはぐれてしまいました。
携帯もない時代だったので、どうやって連絡をしようかなと困っていると、おなじみの館内放送が流れて「○○市からお越しの○○さん」と私の名前が流れてくるではありませんか。友達がはぐれた私と合流するため、館内放送を利用したんです。

3歳や4歳の子供ならともかく、高校生にもなって館内放送で呼び出されるなんて、とせっかく楽しく買い物できてホクホクしていたのに、恥ずかしいやら情けないやらで泣きそうになりました。
翌日、ほかにも来ていた知人がいたらしくて、学校でもからかわれるし本当に恥ずかしい買い物での体験でした。

Copyright (C)2017思い出すと恥ずかしい買い物エピソード.All rights reserved.