思い出すと恥ずかしい買い物エピソード

オシャレは何歳になっても楽しいものです。

思い出すと恥ずかしい買い物エピソード

オシャレは何歳になっても楽しいものです

★ 27歳 女性
オシャレは何歳になっても楽しいものです。
昔から少し変わった格好が好きで、地元では浮くような服装をしているのですが、年齢とともに少しは傾向も変わってきました。
最近は20代後半にさしかかったこともあり子供もいるので、そこそこ良いもので少し変わった自分を出せる洋服を好んで買っていますが、昔は古着など誰ともかぶらないような服が好きで、良く古着屋さんに買い物に行っていました。

そこのディスプレイに派手だけど可愛い格好の服があって、でもそれはそれなりに値段も高かったのです。
けれども、その時その服がどうしても欲しくて、頑張ってディスプレイの半分以上をまとめて購入したのです。
ディスプレイのものを一気に買うという行為だけでも恥ずかしいですが、実際買って友達と遊ぶのに着てみたら、よく見てみるとなんかちんぷんかんぷんでおかしいコーディネート。ディスプレイで見た時はすごく可愛かったけど、マネキンと実際の人間が着るのとでは違うのだなと思いました。

それ以来その服は1度も着ず、今では母親の部屋着になってしまっています。

おすすめ情報

Copyright (C)2017思い出すと恥ずかしい買い物エピソード.All rights reserved.