思い出すと恥ずかしい買い物エピソード

買い物に行った時、店員さんに声をかけられるのが苦手です。

思い出すと恥ずかしい買い物エピソード

買い物に行った時、店員さんに声をかけられるのが苦手です

★ 34歳 女性
買い物に行った時、店員さんに声をかけられるのが苦手です。
洋服を試着するために店員さんに声をかけるとカーテンを開けてくれて、着替えが終わるまですぐ側で待ってくれています。思ったのと違ってサイズが大きい時はすぐに脱いで帰れます。

しかし一度、少し小さいサイズの洋服を無理にきた事があります。なんとか着る事は出来たのですが、やはり体のラインが綺麗ではなかったので諦めようと思い脱ごうとした時です。
どんなに頑張ってもファスナーが動きません。背中だったので、外で待っている母に頼もうとカーテンを少しあけ覗くと、遠くの方で自分の洋服を探しています。代わりにいたのは店員さん。仕方ないので恥ずかしさを堪え、頼みました。
もう一サイズ大きいものを持ってきましょうかと言われましたが、恥ずかしさから早く立ち去りたくて断りました。

それともう一つ、サイズが小さかっただけでなく、襟元が特殊な形状でストール付きと言うのでしょうか、結び方が分からないだけならともかく、服の中に埋れていて服の中に手を突っ込まれ引き抜かれた事。あれは今でも苦い思い出です。

おすすめ情報

Copyright (C)2017思い出すと恥ずかしい買い物エピソード.All rights reserved.